大柿洋服店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戯言を一席

嗚呼、、今年もあと残すとこ数日だ…

あと数日はあるがとりあえず今年を振り返ってみると、何の進歩もない駄目駄目で怠惰な一年であった…と自己評価いたします。
なんかこうもっと貪欲で挑戦的に何事もやりたいのですが、どうしても臆病になってしまうのです。。。失敗したらどーしよーみたいな。
慎重というよりは臆病ですね、やっぱり。 臆病な獅子座のO型です。(関係ないか)
どうにでもなれ!という気持ちでぶつかっていけたらとよく思います。そうなったらなったでその時考えれば良い。とりあえずじっとしてたって状況は変わらないんだから、変わりたければ動くしかないんすよね。

…ってこう考えてポジティブになった後にまた「……でもやっぱりこーなっちゃったら嫌だな~」って考えになる。っっかー!自分にイラつくわっ アホバカ死ね! つくづく甘ちゃんな自分に嫌気がさすぜ。

こんな考えで一年過ごしててやっぱり何の前進もなかったわけだから、来年は年始から攻めていくことが出来るようにテンションを上げていかないとね。

あんまり私はこういうことブログに書かんのですが、ちょっと年の瀬に吐露してみました。とろー
PA0_0010.jpg

はぁ、年賀状全然書いてない。
早く書きたいんだけど、図案が浮かばない~。でも手は抜きたくない。パクリは嫌っ(別に誰も期待してないのに、こーゆー変なとここだわるから時間の無駄になるんだな…)
でも年々年賀状が苦痛になってきてるのは正直確かだからもっと適当にやってみようかな。。出来れば年賀状はちゃんと出す方向でいきたいし。
やっぱパソコンをもっと駆使できる人になりたいわ。
私は手描きを身上としているので常にアナログ描写を心がけてきたのですが、こうなるとイラストレーター出来るようになりたいわーと思う今日この頃です。
ところで自分のでいっぱいいっぱいなのに父が私に図案を頼んでくるのが腹立たしいわっ 結局やってあげちゃうんだけど。こういう時こそパソでちゃちゃーっと出来れば。

30日は幕張のカウントダウンイベントで今年最後の発汗してきます。
電気グルーヴと東京事変とELLEGARDENが楽しみ♪
このイベントも今年で4回目参加の皆勤賞だわ。

そしてそして今回の正月こそ着物を着るんだっ 

スポンサーサイト

スチャライブ

12月10日日曜日は待ちに待ったスチャダラパーのライブ!
恵比寿リキッドに行って来たのですさ。一人で…

正直、ファン歴は長いもののワンマンに行くのは初めて。
フェスやイベントで他バンドと対バンでだとか、タワレコのインストイベントならあるんですが。今までのワンマンはチケット争奪電話合戦に乗り遅れたりと逃しまくってました。


ライブに行っての感想は…「私、やっぱりスチャが好き!」ってこと。(感想?)
記念すべきアルバム10枚目!と言う気負いも全く感じさせず、相変わらずのダラダラ感。(褒めてます)
でもこのダラダラ感は10年以上マイペースにやってきてこそ出せるものだとも言えます。
ボー様ってば巨大イチゴ柄の赤Tシャツがこれまたお似合い。

con10poの曲を中心にとにかくいろんな曲が聴けました。
メドレーのように次々と曲を繋いでいけるのはHIPHOPのライブならでは。
会場一体になって「異議あり!異議あり!」「夢は金持ち!夢は金持ち!」のコールが楽しかった~。
定番名曲「今夜はブギー・バック」もやりました。
一番聴きたかった「ソング オブ ザ ヒル」「5cups」をやった時はなんかちょっとうるっときちゃったYO…。
20061212015519.jpg
可愛いおじさん達です。

さて、15日には渋谷タワレコにてインストイベントです。
ワンマンでは後ろの方で観てたけど、今度は前の方で汗だくになろうかな。スチャのファンはあんまりコワモテB-BOYはいないので大丈夫でしょう。

あースチャ友達欲しいなぁ。。。

HIFANAのデッキ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

大好きなHIFANAのスケボーデッキが当たってしまいました。

ダメもとで応募したけどまさか当たるとは!すげぇ!
20061210021724.jpg

表(UNIFULとのダブルネームなんだって!)20061210021741.jpg

この裏のイラストはソロボンヌ先生だよね? MAHARO氏のほうじゃないよね? とにかく可愛い!あーうっとり。。。HIFANAは曲もアートワークも最高ですよ。このイラストが欲しくて応募したのです。

これはあくまでデッキだけなのでトラックとウィールは自分で付けねばなりません。
あーどうしよっっ 使おうか悩むわっ
 スケボーした事ないけどこの機会に始めようか… この既に老化の始まっている身体が乗りこなせるようになるのか!? スノボよりスキー派なので。。。

ちなみにこのデッキ当選者にはすんばらしい特典が付いていました!
あ~天にも昇る気持ちでごわす。

たまには自分の服

を作りてーなーと思い、作りかけの姉のもんをちょっと放置し自分用のジャケット作りに取り掛かる。

いつものごとく楽してMパターンの型紙(ノーカラージャケットのショート)を使用。そのうち文化式製図法を忘れちまうんじゃないか…。
しかしMパターンの型紙だとて必ずしも私にとってパーフェクトではないので、とりあえずパターン補正を兼ねた試作品をまず作るとしよう。

使用した生地は、クリーム色の六角形の地模様のあるダブルフェイスの綿生地。イタリアの生地なんだけど、マルナンでほぼ半額セールで購入したのがあったので。
「蜂の巣模様みたいで可愛いー」と一目惚れしたやつです。
でもでも、なんだか出来上がってみると…

20061202010530.jpg
亀っぽい… この模様のおかげで。縁取りしてあるから尚更だわっ 緑色だったら完璧。
でもなんかいいぜ。。。「亀ジャケット」で上等よ!!
今回のは裏地無しで作ったのでこれは春になんないと着れないな。
お次はいよいよウール地&裏付きで作ります。ポケットは玉ぶちにしてー。あ、パイピングも良いな…。
20061202011023.jpg
なんとなく余りでコサージュ作ってみたけど、ちょっとこういうキャラではないかも。

今回は仮縫いの結果、肩先の位置を下げ、肩幅を出し、後ろ肩にいせ込みを入れました。
私はこういう既成のパターンにしても、自分でひいたパターンにしても絶対肩や袖ぐりでぴったり合ったことがないので必ず仮縫い補正をやります。
つーか皆人それぞれ絶対やったほうがいい。ぴったりなんてありえないと思うんですよ。
面倒でもしつけ糸で仕上がり線通り縫い合わせてみることを勧めます。荒い縫いで十分。(袖付けはちょっと細かい縫い目で)
姉の服の時は怠けてそれを省いてしまったのをちょっと反省。
自分のを作って改めて仮縫い補正の大切さを実感しました。
しかしやっぱし仮縫い補正はメンドクサイ!(パターンの書き直しもしないといけないから) でもやらないと後悔する! だからやった方がいいんですよねー。私は最初の一作目から失敗したくないのです。
今回はプロだった母のチェックも入れてもらい、良いおさらいが出来たと思います。

やっぱり立体にして着てみないと着心地が解らないから。
数ある手作りブログで、既成のパターンで作った洋服をアップされてる人も結構いますが、中には「作って着てみたらパツパツで失敗ー」って書いてる人とかいて思わず「縫い上げる前に仮縫い補正しろや~」と突っ込んでしまいます。
それじゃぁ既製服を試着せずに購入したことと変わんないじゃん。購入した型紙が良くなかったんじゃなくて、補正をしなかったことが原因て場合が多いんだと思います。結構小さい誤差で改善されるんですよ。
その為にも最初の裁断の時は縫い代を多めにとっておくことが必要。
全てを仕上げちゃってから気付くのはかなり悲しいぞ。
体型や肉付き、運動量を考慮して補正しないといけないのよね! 洋服ってやっぱり奥が深いですYO!


●オマケ●
この時作った緑のスエードバッグで、持ち手のくり抜いた方の余り革でこんなん出来ました。↓
20061202013929.jpg
いやーん。可愛い財布やーん。自讃。
ポーチ? いや、一応念頭には手提げ付き財布を作ったつもりです。
20061202013945.jpg
前回の手提げと並べるとこんなん。空豆みたい。
20061202013956.jpg
手提げ部分は五つ編み。お飾りで古道具屋で買っていた釦を付けとります。今時流行りな鹿(オオツノシカ?トナカイ?)モチーフ。
中の生地はチェックの綿生地。

「全景」

J-WAVEのグルーブライン聴いてましたらば、ナビゲーター2人のうち一人が休暇中で、ピンチヒッターでLilicoさんが出てました。
そっか、この人も半分血がスウェーデン人でしたね。このねーさんスゴイよ。超サバイバー。ピストンとの絡みも最高だし、今日の夕方も聴き逃せないわ。もちろんやっぱりフミカが一番だけど。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

11月28日に念願の大竹伸朗「全景」@現代美術館に行って来ました。
この美術館はすんごい前にアンディ・ウォーホール観に行った以来。
やっぱり木場駅からだと遠い…清澄白河駅から行くに限る。
20061201022936.jpg

この展覧会は噂によると観るのに3~4時間は要するとのこと。(なんたって子供の頃の作品から新作まで持ってこられるの全部展示してあるって!)
3時ごろに入館したんですがまんまと閉館まで観てました。本当すごいボリューム!
最後の方は駆け足で観て回ったのでちょっと消化不良です。リベンジの兆し…。

表現の振り幅がものすっごい広い。
絵画、デッサン、立体、コラージュ、インスタレーション。
どんな物も「画材」にしてしまう。
私が特に好きなのは色鉛筆でスケッチされた海外・国内の風景画。色使いがポップなのよ。
スクラップブックもすごい。出来れば真似したいけど、私の場合きれいに紙ものをとっておいてる人間なのでこんなに大胆に切り張り出来ないです。

あらゆるゴミや拾い物をコラージュして構成された作品「ラビッシュ・メン」はゴワンゴワン迫ってきます。

そしてこれまた図録がすごい。
6300円+送料1000円。やっぱり今回も図録は完成品はなく、受注生産なのか予約受付ってやつでした。最近の流行りかな。
くー、でもこの素晴らしい展覧会の図録!いいんだろうなー!欲しい!
しかし断念します。数年後に神保町とかの古書店でめぐり会えることを祈って。
こうなるとアイデア319号の値段が可愛く思えてくる。

帰り際ショット。
外も見逃すな!よーく見ると…(写真見えにくいよー)
20061201023004.jpg

20061201022921.jpg
「宇和島駅」ってなんでやー!
大竹氏の現在の拠点である宇和島。
なんか遠くから見るとフツーに馴染んでるんで「あそこに宇和島駅ってあったっけ?」って思っちゃう。

そうそう、鑑賞ガイドとして配られる館内案内の紙がいい。
ポスターほどの大きさで大竹伸朗画の富士山が描いてあります。これはいいっ20061201151827.jpg
高いぞ高いぞFU・JI・SAN!!(byピエール瀧)

大竹氏のプロフィール見たらば、私と出身地&出身大学が一緒じゃないっすか! なんかちょっと嬉しい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。