大柿洋服店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ作った。

結構前に出来てましたが、姉のブラウスのアップです。
このブラウスと同じパターンでパイロットシャツにしました。
20060924005323.jpg
…ん?何やら前タテの部分が変だぞ…ボタンが2列…
20060924005334.jpg
前回のブラウスの時まったく補正せず、買ったパターンをまんま使ったんですが、姉には胸がきつかった様です。
でも今回もその事を踏まえずにまんまで使用し仕上げてしまったところ、出来上がりを着た姉からクレームがきまして…。
姉は肩幅や背巾などはこのパターンのサイズで問題ないのですが、バスとがこのサイズの規定より大きいので前身頃の胸巾を出す必要があったのです。
やっぱり既成の型紙でも仮縫い&補正は大事だなと改めて思い知りました。

今更巾を出すには縫い代が少ないので、ひとまず今回は前タテに更に前タテを増やし2列のボタンデザインのように作り変えました。。。ううっ いかにもとってつけたデザイン… ごめんよ姉…ちゃんとパターン修正したから次こそ。
20060924005344.jpg
消しゴムスタンプでタグを作りました!
今後作る物には付けていこうかな~。


↓あと、なにげに他にも色々作っていたので一気にアップ。
20060924005407.jpg
籐手提げバッグ。(あ、これ着物着たとき持ってたよね)
長年温めてた布をやっと活かすことが出来た~。

20060924005421.jpg
緑の革バッグ。眼鏡は大きさの目安ね。
これは「七緒」と言う雑誌に載っていた江面旨美って人の型紙を使用。超簡単。切りっぱなしで底を縫うだけ。
白のステッチは伸び防止の為に刺してみました。
やっぱり革用のミシンの押さえ金ほしいかも。

んでこれは暖簾。
ボタンがぶらーーーっとたくさん付いてます。
うちには、前に務めてたアパレル会社のサンプルとして在庫してたボタンが大量にあります。
いらないから捨てろって言われて、えー捨てられないよー!とお持ち帰り。本当にボタン屋が開けるくらいあります。
とりあえずボタンいっぱい使うんならー暖簾かなー…ってことで作りました。
20060924005444.jpg
上の方は綿の紐を編みました。
いざ出来てぶら下げてみると…重い…。
暖簾的にこの重さはどうなんだ!
うちにはぶら下げる場所がないので、誰かに上げよう。(いやがらせ)
20060924005435.jpg
のれーん♪

20061009230751.jpg
てぬぐいも作製。
服の染め直しついでに絞り染めいたしました。
「義」と「智」は2人の甥っ子の名前の一文字をそれぞれ小さい絞りで。
あとの一枚はおはじきをくるんで、いろんな大きさの絞り模様をランダムに。
むしろてぬぐい作りがメインになっていた。

スポンサーサイト

PLAY BACK装苑!③

ここまで来たらしつこく続けてみます。

②の時代から一気に時は経ち90年代初めの装苑です。
このあたりから、母に影響を受けた姉が購入し始めました。それを私が盗み読み。
20060922144901.jpg
「装苑」じゃなくて「SO-EN」表記の時代ね。
鷲尾いさ子って装苑専属モデルだったんだよねー。

SN250763.jpg

SN250761.jpg

20060922145824.jpg
この頃はファッション誌の雰囲気を醸し出しながらも、結構頑張って製図たくさん載せていました。
いかにも手作りの服じゃなくてプロっぽいデザインの服が載っているのがやっぱり装苑だわって感じ。
グレードマークなる難易度を表すマークがそれぞれ付いてて目安になります。
20060922150049.jpg
あとこの頃の装苑の特徴は付録にパターンが付いてるって事。
大抵西村玲子や茅木真知子、稲田紀代美らが装苑オリジナルでデザインした物です。

そういえば姉は装苑のほかにもドレスメーキングも買ってたっけ。囲み式製図~。
あの雑誌は惜しくも90年代半ばに休刊になってしまいました。
20060922151422.jpg
20060922151438.jpg
20060922151538.jpg
BIGI、ATSUKI ONISHI、MILK、鳥居ユキ、ZUCCA、KENZO、ツモリチサト、金子功…etc. 東コレが盛んになってきた頃よね。
こんな製図とか載せて手の内見せていいんすか?みたいなデザイナーの服の製図が載っていた。今思えば皆文化服装学院卒だし、文化出版だし。
あと、はなとか江角マキコ、小泉かおる、西橋優恵、りょうなど日本人モデルの個性もクローズアップされたり。

20060922151517.jpg
↑んで、80年後半~90年初頭と言ったら忘れられないボディコン! あんまり装苑にはイケイケなものは載らなかったけど珍しくこんな感じで掲載された事も。
20060922151547.jpg
ひなの登場。かわいーなぁ。

そして90年代後半から私が購入し始めます。
20060922154206.jpg
95年あたりにだいぶパターンの掲載数が減ってきたなーと思っていたら、遂に製図掲載が完全消滅します。
だいぶ前から月刊の装苑と平行して季刊誌別冊装苑が出ていましたが、これでパターン&洋裁の分野を完全に別冊の方に移行して、ファッション誌となった装苑が出来たのです。なんかさみしー。
でもこれも移り行くファッション誌業界の中で生き延びていく上で選択していかなければいけないことだったのでしょう…。
今はファッションとは個々が作るものではなくお店で買うもの、消費していくものになっていてブランドの情報が求められている。
そして今やファッションの主流はデザイナーではなくセレクトショップやスタイリストって言うではないか! 解せない!センスがものを言う時代なんだね。限定とかレアアイテムとか皆必死だよ。

そんな世の中の流れに乗っちゃってる装苑になんとなく反感も抱きながらもつい買ってしまう(時々だけど)のは、雑誌としての作りが好きだから。
20060922154219.jpg

今またにわかに洋服などを手作りする事が盛り上がってきて、様々な本や雑誌が出てますが、未だに昔の装苑のようなワクワク感のあるものは有りません。別冊装苑もとっくに休刊になったし。

たまーに製図入りで復活してくれへんかなー。
全然まとめてませんが最後はCOME BACK装苑!ってところに着地してみました。文章グダグダ…

PLAY BACK装苑!②

続いて70年代の装苑。これも母購入のもの。
20060914185401.jpg

20060914185601.jpg
20060914185610.jpg
んあ~ このシルエットにこのメイク!

そしてまたしても「初出勤の為に作りたい服」特集!
20060914185413.jpg
20060914185425.jpg
20060914185433.jpg
こうして見てると、今のリクルート服のなんともつまらなきこと!
黒・グレーのテーラードじゃなくてもいいんだよ!
それにしてもこのパーマは… 保育園の時の担任の先生がこんな髪型だったなー。

更に本誌は、女子の卒業式に着たい服からウェディングドレスまでをカバー。
これさえあれば女の人の様々なシーンに合わせた服が学べ、作る事が出来たのね。
20060914185530.jpg
卒おめ!
20060914185502.jpg
花嫁さん。
20060914185511.jpg
お色直し衣装ですって。
この頃はレンタルもあまり無い頃だと思うし、結婚式の準備は今以上に大変だったろうなぁ。

20060914185627.jpg
左のドレスは今やピンクハウスとして有名な金子功デザイン。
乙女チックだけどまだボリューム控えめっすね。
20060914185644.jpg
20060914185652.jpg
乙女小物も充実。この雰囲気は昨今リバイバルしてまんな。
20060914185707.jpg
今古着屋にこんなニットいっぱい売ってる~。

既製服がだんだん台頭してきたので商品紹介のページも増えてきた頃。
ヤマモトカンサイって感じ~。20060914194347.jpg
見よ!このレインボーな配色コーデ! ベネトンじゃないよ。
20060914194357.jpg
そのハート型サングラスは…有りなの?

他にも刺繍などの手芸ページやメイクの仕方、インタビューやコラムなどの読み物、街角ファッションチェックのページもあってだいぶ内容も充実してきた頃です。雑誌っぽくなってきてる。

PLAY BACK装苑!①

ついでに書いておこ。

祝☆70周年と言っても、正直ここ近年の装苑には物足りなさを感じます。
なんかただのファッション誌になってる。
ブランドのコレクションとか新商品のこととかスタイリングとか… 確かに他のギャル雑誌みたいな広告満載のカタログかよ!的な雑誌とは雰囲気違う素敵な作りの雑誌だけど… なんか物足りないんだよねぇ。

やっぱり装苑と言ったら本誌グラビアと同じ服の製図が巻末に全て載ってるってのが売りだったと思うのよ。
洋裁の知識があれば「わー これいいっ今度作ろう。この辺アレンジして~」と思いを膨らませたり、又は技術がなくても「これと同じ服が作れんの!?服って自分で作れるんだ!作れるようになりたい!」って夢を抱いたり、そんな雑誌だったと思うんですよ。

というわけで突然ですが、祝☆70周年に便乗して私も勝手にPLAY BACK装苑!ってことでうちにある昔の装苑引っ張り出してみました。

60年代。母が買ってた頃の装苑です。
この頃母はもう既に婦人服仕立て業をしていて、お客さんとのデザインの打ち合わせで参考にするために購入していたらしい。装苑の他にも、ミセスやレディブティックなんて雑誌もあります。
あ~この雰囲気たまらないわ。
20060914181012.jpg

20060914181024.jpg
フレッシュマンは初出勤に着る服をあつらえるのは当たり前!な時代。
20060914181037.jpg
20060914181103.jpg
カラフル!デザインもいろいろ!そしてなぜか皆革手袋装着。

20060914181050.jpg
↑こんな感じにグラビア&製図を掲載。
20060914181116.jpg
↑左のモデルさんになんだか親近感を抱きます。
20060914181207.jpg
この頃は別冊の付録がよく付いていたみたい。
20060914181219.jpg
20060914181230.jpg
襟や袖、ポケットのデザインバリエーションなんかもすごくたくさん載ってて、細かい製図付き!
仕立ての楽しみってこのデザインの多彩さだよねー。

②に続く!

祝☆70周年

20060903221307.jpg

日本の洋裁の歴史の中でもはずす事ができないファッション誌『装苑』が70周年らしいですよ。
母~姉~私と我が家でも購入され続け、うちにあるだけでも結構な冊数だけど、70年分だと~ …単純計算で840冊かっ。

てことでラフォーレ原宿で70周年イベントですって。
20060903225618.jpg

歴代の表紙が正面の柱や店内の階段手すりパネルにずらーり。
今となっては50・60・70年代当たりのファッションは非常に新鮮に見え、むしろカッコイイ。
80・90年代は…私にとっては結構リアルな年代なのでまだまだビミョーな気持ちです。
なんでこんなん流行ったんだろ?と思う事多々有り。
もちろんカッコイイ服もありましたけど。
20060903225704.jpg

20060903225735.jpg

ラフォーレ前で装苑最新号を販売していたので購入。
minaの特製エコバッグと特製しおり&70周年記念装苑スカーフが付いてきた!
こんなにもらえていいのかしら♪

ラフォーレ・ミュージアムで特別展示があるというので早速それを観に行こうとしたら…!
またしても自分のタイミングの悪さを恨むべきか、ミュージアム内でこれから始まるファッションショーにより、一旦展示は見られなくなるという!きー!!
展示は3時間後にまた再開しますって言うけどそんなに待ってらんないYO! この後の予定もあるし。
仕方ないので後日出直す事にしよう~。
そして例のごとく貴和でパーツの衝動買いをしてラフォーレを後にする。


△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

向かったのは歩いて数分の代々木公園。
私がほぼ日参しているサイトPing Magの野外パーティーが催されるってんで、行かないわけがない。しかもダーター。
20060903232109.jpg
↑なんかこの写真だと全然盛り上がってなさそう… フロントエリアはかなり狂喜乱舞してました。

外人さん、ヒッピー系人口多し。
つくねとヱビスビールを購入し、エレクトロミュージックにノリノリさぁ~。
JIMANICA+ITOKENって人達すごい良かった!

なんかこの日は隣の代々木体育館で『東京ガールズコレクション』が開催されててギャル率高かった。Ping Magイベントとすごい対照的!
エビちゃん&もえちゃんがすぐそばにいたのね~(興味ないけど)。
今回土屋アンナは出なかったみたいです。あの雰囲気じゃないでしょ、彼女は。


☆★追記★☆
こちらでパーティーレポあります。
JIMANICA+ITOKENの動画に私が映ってる~。
茶色のハットがユラユラ揺れてるのが見えるだけですが。。。

おや、いつの間に…

20060902013316.jpg

アップし忘れてた~。
例によって姉ブラウス制作中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。