大柿洋服店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラムとサイケ

またまた映画を観に行ってしまいました。
私それほど映画好きってほどではないんですけど、割と観てみたいなーってのが続けて上映されてて、暇も結構あるんで…

観たのは「プルートで朝食を」。@銀座シネスイッチ
一人の可愛いオカマちゃんキトゥンの波乱万丈物語です。
主演俳優さんがとてもオカマヒロインが板についていて、あの可愛さを見習わなければ思った次第。
キトゥンの親友チャーリー役をやってた女優さんむちゃくちゃ好み。
原作よりもだいぶハッピーエンド寄りに仕上がっているそうです。

初めてレディースデーに映画を観に行ったんですが、平日の午後イチでも立ち見が出るほど。
やっぱり900円で映画が観れるんなら皆来るよねー。
でもなんか毎週女だけにレディースデーってあるのがちょっと申し訳ないね。未だに差別はあれど雇用均等法とかある今時に。
男性にも「メガネ男子デー(度有りに限る)」とか「着物男子デー」とかあればいいのにって思います。

私はまんまと立ち見でした。
が、私がいた手すりの前の座席には場所取りと思われるハンカチが掛かってたのに映画が始まっても誰も座りに来ない。
結局最後まで空席のまんまだったー!
ムカツク!こちとらヒール靴履いてて足をぐりぐりしながら立ちっぱなしで観てたのに!こういうの本当に腹が立つ。
20060624011950.jpg
嫌な思いもしたけど得したことも。
レディースデーっていろいろ貰える日なのね。
先着1000人に紅茶が配られ、永昌源のキャンペーンが来てて杏のお酒の試供品を頂きました。


あと銀座に来たら必ず寄る銀座グラフィックギャラリーでは、ちょうど田名網敬一主義展をやってました。
60年代の横尾忠則などと並ぶサイケグラフィックの旗手で、今尚衰えることなくギラギラしてるところがすごい。
かなり好き嫌いがある絵柄です。私も昔は受け付けないほうだったけど、今は結構好き。
私が閲覧していると田名網敬一本人が会場に登場!
思わず握手してもらいました。ゲキカン。
やけに柔らかい手のひらだった~。

追伸:あれ、お米ギャラリー移転すんの?

スポンサーサイト

懐かしのジャパン・デザイン

久しぶりの紙もの。
20060623013209.jpg

以前務めてた会社で掃除をしてた時に見つけたもの。
多分15~20年くらい前のものと思われる日本航空のチケットを入れる封筒です。
社長が出張した時のものだったらしい。

このモノクロ写真に絵の具で彩色したような質感の飛行機に、シャープな放射線のデザイン! クール!
そしてこの鶴マークがなんとも懐かしい。
持ってたなーこの鶴マーク入りポシェット!(ポシェットと言う言葉も懐かしい…)このマークのほうが好き。

こういう他人にとってゴミみたいなものを見て、私は喜んでいるのであります。。。


話は変わって…
20060623020336.jpg
キター!久しぶりに「オー!マイキー」の上映会が!
もー大好き。このマネキンドラマ!
でもいつも見逃しまくってます。
今回はレイトショーか。http://www.tv-tokyo.co.jp/oh-mikey/

@駒込

平日の昼間の六義園。熟練カップルが多い中、訳あって一人佇む。
20060621021010.jpg
…って池の中巨大なミドリガメばっか!!
写真の左にいるのが日本の亀。
圧倒的に体格で負けとるー!
こっちの亀ジャパンはむちゃくちゃ応援したくなる。
つーかこのミドリガメ本当にどうにかしたほうが…

言論の自由なので言ってみる。

サッカーどうでもいい派です。

別にあんまり日本が今回強くないからとか、野球のほうが好きだからとかじゃなくて。
マスコミの無理のある盛り上げている様を見ているとなんだか興ざめしてしまうのは私だけだろうか…。

「日本中が大注目!」とか「日本勝ちます!」とか「絶対負けられない試合」とか「青きサムライ」とか「大和魂見せてくれ!」とか、とか。。。
正直もうええっちゅーねんっ。どのテレビ局も同じこと言ってるよー。
確かにモチベーションは大事ですよ。ええ。

サムライって!腹を切る覚悟があるとでも言うんか。
普段は欧米諸国の真似ばっかしてるのになんで国際試合になると前面に「和風」を持ってくるの?
あと、「大和魂」と言う言葉を軽々しく言って欲しくない。(その言葉をかざして日本は過去に何をしてきた?〉
正直君が代は嫌い。
こんなこと言うのは野暮だしうざがられるだろうけど、オリンピック然り平和だから出来るスポーツの祭典だからこそ、あんまり聞きたくないフレーズなのです。

普通のニュース見てても筆頭の話題がサッカー。今日もっと大事な話題や事件あるだろーに。
試合前にキャスターやコメンテーターなどが「あーしたほうがいい」「こんな作戦がベスト」とか興味ないんだよー。
サッカー好きはそういうの語るのも楽しいってのはよく分かる!
分かるんだけどお家でやってくれる?

ゲームとしてのサッカーは面白いと思うし、一流選手のすごい技を見ると見とれちゃう。
でもあのマスコミの先走り感には引いちゃうわ。
SN250123.jpg

中谷熱再燃

谷中の次は中谷。中谷美紀ね。

私「マインド・サーカス」歌ってる時から中谷好きだったー!
昔本屋バイトしてた時に店に中谷が来店したことがあり、1m以内まで近寄ってしまいました!卒倒&鼻血噴出し寸前!!(話しかけられなかった駄目な私…話しかけられるわけねぇよっ)
20060615182003.jpg

大人気「嫌われ松子の一生」を観に行っちゃったのです。
今回の映画はいたるところで評判いいけど、結構いろんなミュージシャンやタレントなども出ているのでややミーハーな作りなのかしらと思ってました。
しかし!愛する中谷美紀が歌って踊っているとなると観ないではいられません。

観た感想はー私はとても好きです。
テンポいいし全体的に分かりやすい流れだし。
わざとらしいくらい極彩色で派手派手な映像作りがもろ私好み。

トントン拍子な松子の破滅街道大行進ぶりには笑い泣きしてしまいます。
何があってもどんな困難にぶつかっても自分に正直に突っ走る松子は気持ちいいくらい。でも自分だったらこんな何度も這い上がれないよ。

お気に入りな場面は、スカパラの谷中さん扮するトルコ風呂の店長がソープ嬢松子にいかにして男をイカすかの極意を伝授しているところ。
「腰ですね!」と意気込んだ松子は日夜スクワットに励む… 松子最高だよ。

んで、やっぱり観てて楽しいのは中谷美紀の七変化。
松子の男や職が変わるたびにいろんな衣装やヘアスタイルが観られます。
ジャージ姿、ふりふりエプロン、着物、ケバい娼婦、囚人、モード系… なんでもあり。何を着ても美しい中谷は素晴らしい~。
眼帯する中谷、鼻血出す中谷もマニアにはたまらないのじゃなかろうか。(私だ。)
あと松子の囚人時代の友人沢村めぐみを演じた黒澤あすかってお方。
今回私初めて知った方なんですが、すげー綺麗で格好いい!
役柄かもしれないけどこういう気風のいいお姉さま大好きだー。

ところで元光GENJIの内海光司って今何してるんだ? 久しぶりに思い出してみた。

プログラムには無い中谷美紀×中島哲也監督の対談がフリーペーパー「風とロック」5月号にありますよ!もう手に入らないと思うけど。
ウケる。「殺してやる対談」
なかなかアクの強い監督のようですね。
20060615184831.jpg
20060615184852.jpg
あんた、殺っちまうのかい?

谷中を行く

昨日美大時代の友人と谷中に行きました。
谷中は私が「一人暮らしをしたい街№1」と常に思っている場所でもあります。
程よく住宅街で、程よく商店あり。
レトロな雰囲気を残しつつ作りこまれてない自然な情緒が好きです。
老舗(?)の墓地もいい感じ。

でも久しぶりに行ってみたけど、ここのところの下町流行りでマスコミに取り上げられることが多くなったせいか、新しいお店やマンションが増えてきてますね。
家賃も上がってきているんだろうな。。。

谷中の王道朝倉彫塑館へ。明治の彫刻家朝倉文夫んちですね。
ウェルカム!20060609144123.jpg

こんなところからも見ています。20060609144140.jpg

この屋敷は何度来ても飽きません。
日本の伝統的建築技術と明治の先端コンクリート建築の融合とでも言いましょうか。
今の人間にはもうこんなの作れないだろうなー。
作れてもすごいお金かかるだろうなー。
木枠の窓ガラスとか懐かしすぎる。
書斎の天井まである書棚とか、木造の調度品とか、螺鈿のテーブルとかとか… とにかく細かいところまで見ごたえ有り。
ところで前よりセキュリティが厳しくなったみたい。監視カメラが設置されてたし、見張りみたいな人もいたし。
禁止か分からないけど部屋の中で写真撮れなさそうな雰囲気。

なによりも素晴らしいのはお庭の池。
やはり彫刻家の家。池の四方を家屋で囲み、どの角度から見ても絵になるように岩や樹木を配しています。
一花咲かせた後だったので庭の植物は緑一色でしたが、それはそれで初夏の爽やかさ。気分は文夫です。
20060609151744.jpg


もう一つの見所は屋上。ここでは写真撮りまくったで。
今時のビオトープ、屋上緑化なんて目じゃないぜ。文夫さんは既にやっていたよ。
いいなーいいなー木のある屋上。
自作の彫刻なんて飾っちゃってさー。
20060609153535.jpg
20060609153558.jpg

20060609153619.jpg
屋上から家屋を見下ろす。瓦の量が半端無い。
20060609153718.jpg
20060609154008.jpg
数種類の薔薇が咲いてました。私好みの無造作庭園~

朝倉彫塑館を後にした私達は、いせ辰(和小物・江戸千代紙)→豆腐room(カフェ)→青空洋品店→丁子屋(手拭い)→Ponia-Pon(アンティーク着物)と巡りました。
豆腐roomとPonia-Ponは休みだった…事前に確かめてなかったYO… リベンジせねば。

丁子屋さんで手拭い購入。20060609160447.jpg

ちょっと前までは手拭いコレクターとして買い漁ってましたが、最近めっきり。久しぶりに買いました。
あまり見ない緑の「豆絞り」と「オーケストラ」と言う名の手拭いです。
私が中学の時ブラスバンドでやってたバリトンサックスがある~! …ってオーケストラにサックス入ってたっけ?
美大でテキスタイルを専攻していた友人は店主の方に興味深く染めについて質問しておりました。

谷中から根津、千駄木と来てそのまま上野に向かい、ちょうど芸大に出ました。
あぁ芸大… 受験したけど落ちたぜ。まー受かるとも思わんかったけど。
つかの間の芸大生気分を味わうためにキャンパスにもぐりこん出来ました。違和感はない…はず。だって芸大だもん。

昨日はかなりの曇天。自称「スゴイ雨女」の友人だったので夕方パラパラ来た時はヒヤリとしましたが、なんとか持ちこたえてくれてよかった。
今日まんまと関東梅雨入り宣言したのでギリギリセーフであります。

洋服作りは続く…

姉のお洋服お仕立て第3弾・プルオーバーブラウス(フード付)、ようやく完成ですー。
最近怠け癖出てきました。
パターンはいつものMパターン。
生地はユザワヤで購入したnaniIROのSANという布。
naniIROサイト→http://www.kokka.co.jp/so-ing/
これの次は同パターンで袖や襟の形をアレンジしたのを作る予定です。ポケットがついてると便利かもなー。

いつものボディちゃんに試着していただきました。ん?顔がある…
20060607233159.jpg
こ、こえーよ!
20060607233215.jpg
実はうちわ状のお面です。
ジョン・キューザックとかいう俳優さんらしい。
私ハリウッドとか外国映画や俳優には疎いのですが、これは‘99年の「マルコビッチの穴」と言う映画の宣伝で渋谷の109前で配られていたお面です。
渋谷をマルコビッチ人間だらけにしようというキャンペーンだったようです。
これつけて子供の前に出ると確実に泣かれます。
夜中に薄明かりの中で目が合うと私もちびりそうになります。

ジメジメ

SN250378.jpg

5月って紫外線がむちゃくちゃ多いんですってね。
しかも曇天でも油断しちゃいけない。曇ってたって紫外線は多いのだ。
でも同じ紫外線浴びるならカラッと晴れた空の下がいい。

こう曇りが続くのはなんともつまらないです。
でもこのまま梅雨入りくさいですね。
敷き布団干し損なったYO。。。
そして私の部屋のカーテンにカビが生えたYO。。。

最近サボり気味だった姉のお洋服作りを再開。
第3弾進行中~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。