大柿洋服店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ニュー★GINZAからの~FSP

痛てて…
仕事で左足小指骨にヒビ入っちまった…!!
全治1ヶ月だと!
足小指負傷骨折初めて~
瞬発力と反射神経の良さが売りなのにっ。
ヒョコヒョコノロノロな生活のなんとももどかしいこと!

しばらく現場仕事は無理なので家で安静にとのこと。
こんな状況なのでなるべくブログをコソコソアップしましょかしらっ。

雑誌GINZAがリニューアルして早4冊目。
なんか前よりグッと好みの雑誌になってるわ★と思い欠かさず買ってます。
以前は気になる特集とか良い感じのグラビアがあった時にたまに買ってたけど、ここ数年はもうほぼ立ち読みで済ましてました。

でも新しくなってどうなのよと思ったら… あら、何か… 素敵な雑誌になってない…?
広告少なく無駄のない、ゴチャつきのない紙面、マニアックで興味深い特集、付録が付かないなどなど。
以前は「ガイドブックかっ!?」みたいな紙面も多かったりしましたよね。
ちなみにGINZAとSPURとFIGAROが私の中ではほぼ一緒、似たり寄ったりなイメージでした。 

おニュウなGINZAはというと…
新製品recommendのページは雑誌の巻頭に配し太田莉菜を絡ませる凝りよう。
特集内容が全体に一貫していて(女優特集、アウトドア&インドア特集など)、ファッショングラビアはただのモデル着用決め決め写真ではなく、なんか物語漂っていて景色になじんでいて通りがかりにたまたま撮らせて貰ったような写真だったりとか、隠し撮りっぽい写真だったりとか。
コーディネートもハイファッションばかりでなくプチプラや古着ミックスなどが多くなった気がする。
ニュー★ギンザ今号テーマは「フェティッシュ&コケティッシュ」!!
ところで私ファッションが好きでも、若い時は靴とか鞄とかアクセサリーにお金をかけてこだわってる人の気持ちが判らなかった。服よりもそれらの値段が時として格段に高いってのも意味が判らなかった。
全体の装いを見て大部分を占める「服」が重要だろと。
靴や鞄はそのうちのほんのちょっとの割合でしかないからせいぜい色と形が服を邪魔しなければ~程度にしか見てませんでした。
でも! 今は違う!! わかるぅ!
形や素材がどんだけ服に影響を与え、生かしも殺しもし、印象を変えることが出来るか!そして気分もモチベーションも左右する!
だからこだわってこだわってフェチにもなっちゃう人のことわかる!
自分はそこまでいけないけどっ 気持ちは判るようになりました。

あと今号の目玉はやっぱり中谷美紀ね。私個人的にっ
MIKI1.jpg
MIKI2.jpgあぁぁ… 美しいわぁ…(;´д`)=Зホゥ…
猟銃」やっぱりチケット取っちゃおうかな。。

その他にも毎号の「GINZAファッション調査隊」や「ベルばら手帖」も楽しみ!
毎回とても興味深いです。
まさにGINZA読者=ベルばら世代にはたまらないのでは。(今号はアノ場面…!)
そして調査隊ページ、今号は亜土たんじゃないか~。フルカワミキの巣鴨コーデも面白かった。
星野源や安全ちゃんの連載も読んでます。ホロスコープページも独特です。(占い興味ないけどコレはなんか読んじゃう)

これからもこのノリのGINZAが続いていくことを切望してます。休刊しないでね!
(私が好んだ雑誌は今まで悉く休刊している…私が愛した男達は皆破滅へと向かう…みたいな)

でも何故GINZAはこのようなGINZAになったのか。。?
今更調べてみたらば… なーんだ!そーだったの!?と膝をポンっ


アートディレクションにデザイナーの平林奈緒美氏だったのね!
(はっ pass the batonのサイト内にブログがあったとわ…!)

平林さんといったら伝説的化粧品ブランドFSPのディレクションをしたお方。(嬉しい!サイトが残ってるっ こじんまりしてるけど…)
化粧品のメーカーに特にこだわらなかった私が「何コレ!?素敵!カッコイイ!」とまんまとハマったお化粧品です。
そして私の紙ものコレクションの化粧品リーフレット部門最高賞なシリーズでもあります。
FSPは商品コンセプトからパッケージ、ネーミング、ウェブサイト、販促グッズ、ノベルティ…全てが一貫した世界観を持って作られており、今まで見てきた化粧品ブランドとは違うとにもかくにも異彩を放つものがありました。

化粧品広告なのに、何故飛行機? 何故作業着のオッサン? 何故キャスター?
こうしてリーフレットを今見返してもワクワクするっ
あーっ懐かしい! マスカラの色バリエーションにときめいたな!
今でもハヤブサネールとか持ってる!!


↓以下紙もの収集人間にしか伝わらないFSP紙ものコレクション・アーカイブ。

FSP1.jpg最初は「エアポート」から。
一見本当の航空券やパスポート?なリーフレット。緊急事態時対応法パンフレットみたいなのとか、紙の質感にも凝ってるしー。
奥のテープはウェブサイト内のゲーム(スロット的なやつだったかな)で当てて貰ったノベルティ。ハワイのノベルティだったかな。
FSP航空便みたいな箱にいろんなオマケも入って届きました★ トレーディングカードがそれです。

FSP2.jpg2000年2月発売のロンドン。
小冊子は「FSPのなりきりロンドン人英語」。こーゆーのをまじめに作るのがスバラシイ。

FSP3.jpg2000年4月はハワイ。ショッピングバッグはテープと一緒に送られてきました。

FSP4.jpg6月はロス、8月はアフリカ。
左のフォト・エクスプレスは封筒にスナップ写真のようなカードが3枚封入。店頭に置いてあるのを勝手に貰っちゃっていいものか結構迷いました。緑の封筒はまだ開けてません!(平林さんのブログ見て思ったのは、現像袋収集のこだわりがこのグッズにめっちゃ出てる。)
アフリカはリーフレット1種類しか出会えなかったけど他にもあったのかしら…

世界旅行シリーズは終了?して2001年からは…なんだろなぁシリーズではない…? その都度のテーマかな?
でも共通してタブロイド誌大のチラシが出てました。ジャーナリズム?
FSP5.jpg2月はFSPプロパガンダ。美しさを求めて立ち上がれ!恐れるな!と鼓舞しております。
このモデルちゃん可愛かった。
FSP6.jpg

FSP7.jpg
5月のFSPネール・ゼミナール(ネール教授現る)
9月のFSPワールドニュース
「NOW GET A CHANCE」ってのはよく覚えてないけど冬限定製品発売の時みたい。ノベルティのトランプ貰ったっす。
FSP8.jpg FSP9.jpg見てよ。この凝りよう。右の人は幸田シャーミンじゃないですよ。

捨てられない女全開でお送り致しました。


スポンサーサイト

キャピタラー

どこもかしこもセールが始まってますね。

大好きなKAPITALも7/3からセール開始です。
DM.jpg
DMが来ました。

でも!
駄目だ!
行っちゃダメだぁ!
先週BohemiansのTシャツを買ったばかりじゃないかっ
閑散期でバイト出勤数も少なくなった4・5月の惨憺たる給料を見てみろ!
洋服ばかりを買ってるわけにはいかないんだぁあああ…


…見るだけ。
今回は見るだけ。仕事帰りだし、仕事道具で手荷物一杯だし。
お店の作りやディスプレイも凝ってるからそれを楽しみに行くだけ。

…でも、出会ってしまった。(やっぱりね)
Duffle with KAPITALのお店で販売員のオネエサンが着ていたジャンビ更紗のベーグルエプロン!!
これは2010夏の新作。やっぱり新作に目がいっちゃうよねー。
エプロンの形もさることながら伊籐歩似のオネエサンのバギーパンツを合わせた着こなしも素敵でもう他の商品が目に入らなくなってしまった。
残念ながらオネエサンの着ているものと同じ柄は売り切れてしまっており、「他店から在庫をお取り寄せもしますよ。試しに私のこれ着てみますか?」と私が仕事終わりで汗だく汗クサ状態であるとも知らずにエプロンを生脱ぎして貸してくれました。

エプロンとはいえ紐を後ろで交差して前で結び締めると、一見ワンピース?
後ろから見るとカッコいいギャルソンエプロン?
でも更紗生地の素敵さで全然エプロンぽくない。
これ着て台所立つことは出来ひんわっ

むーどうしようどうしよう
あー金持ちになりたい。みんな貧乏がいけないのよ。
数日考えるわ。
でも多分買うわ。このパターンはハズレないのよ。
私の一目惚れに失敗はないの。逃せば絶対後悔するんだから。。
オネエサンには3階の新しく取り扱いを始めた新ブランドやスタッフのアトリエなどを案内してもらいました。
まだ入社したばっかりなんだって。
ありがとうオネエサン。また来るわ。


ところで今回はとりあえずKAPITALの製品カタログを購入してみたんだけど、これが本当にクオリティが高く写真集ですか?みたいなフルカラー充実ぶり。これで310円って!!
ウェブサイトでは歴代のカタログが一部閲覧できます。
このカタログ店頭で入手出来るんですねー。
コンプリートしたい勢いだったけどとりあえず今期と2008夏のカタログを買いました。
カタログ今期のテーマ国は「バリ島」
R0011172.jpg
R0011173.jpg
R0011174.jpg
R0011168.jpg
R0011169.jpg
R0011170.jpgモデルは毎回現地人を起用して撮影するそうです。
R0011171.jpgKAPITALは毎シーズンの型数が本当に多い!

マーメイドSKこれは2008夏のカタログより。
このマーメイドラインSKはブルーを持ってます。
体型カバーしてくれるし使えるアイテムだわ。

あと何気に2010年1/14日記の末尾画像もKAPITALのこのマフラーの模様です。色はターコイズ。
激カッコイイ!

セールは7/19まで続くんだけど期間中は各店様々な企画があるらしい。
10日には福袋も出るみたい。ファブリック袋3000円狙ってます… (もう完全に散財モードじゃんよ)

Duffle店のガレッジセールも行っちゃおうかなっ…
岡山店のバックヤード店も気になるんですけどっ (ドツボにハマってきてます)

雑誌も顔が命

THE BIG ISSUEを買いました。
bigissue.jpg
東急本店前を通りかかると販売者がいました。
今までこの場所で売ってる人を見たことなかった。大抵渋谷だとのれん街側で売っているのをよく見ます。

この時の最新号は宮本○門が表紙だったけど、表紙につられてその前号を購入。
「あしたのジョー」だじょー。立つんだじょー。
私が購入した直後もう一人買いに来ていました。ここなかなか良い場所なんでない?
各地で販売者を見かけますが、皆さんバックナンバーを充実させたり手作りの看板を手にしていたりと売るための工夫を各々していますよね。

ホームレス人生相談が味わい深い。

久しぶりの紙もの

アノニマスタジオでげっと。
「動く静物」のDMユニーク。
こんなカッティングしてくれる業者があるのね。
アノニマ紙モノ

京紙モノ

左京区は紙モノの宝庫であった。

ミニ広告やDMも多いが割と名刺サイズのものもイケてるのが多かった。
紙モノ
京都フリぺフリーペーパーも東京より沢山あるような。
個人で手作りしてるのが結構ある。
MEIKOってフリペが面白い。って思ったらどうやら東京でも配布しているらしい。名前の由来は梶芽衣子だそうです。

そして初めての恵文社へ訪問。
ヤバイねあそこ。思った以上に長居してしまった。そして二日行った!
浮かれて紙モノグッズを一杯買ってしまった!
36 Sublo とか月光荘とか東京の店じゃん!な品々も浮かれすぎて購入。あぁ恵文社マジック。方位磁石も買ったわ。
恵文社1
でもちゃんと恵文社発行の冊子「型録ミス・ペテン 鴨居羊子の世界」と「ウイークリーTANAAMI」の2冊を購入。鴨居羊子はちょっと前にNHKのゆるナビで初めて知りました。この時代にこんなオシャレキュートな下着を創った人がいたとは。
恵文社2

あった

毎回特集記事が気になるエルマガ
関西の雑誌なので地元の書店などでは手に取ることが出来なくて。
わざわざ取り寄せるとかamazonとかで買うしかないのかなーと思ってたらタワレコで取り扱っていました。なんだー。
エルマガ(共演のマトリョーシカのおっぱいは幼き日の私の仕業である。)
特集に加え今現在の関西カルチャーも幅広く掲載。
誌面の作り方も結構好き。
出来ればバックナンバーもお取り扱いしてくれんかのぅ~。



☆余談☆
真木よう子様

早速話題に事欠かないわっ。

子供は早いうちに産むに限りますね。(←何様?)



◎◎12月7日 追記◎◎
エルマガ 2009年2月号(12月25日発売)で廃刊!?
そーんーなー…
また私が好きになってしまったばかりに終了に追いやってしまった~。
何故か私が好きになる雑誌や店は休廃業になってしまうのです。ハー…




「IFIF」って「もしもし」ってこと?

久しぶりの紙ものネタ。
auショップに置いてあるフリーペーパー「IFIF」を知ってるかい?
月イチで発行されてて東日本地区限定らしいが。

ケータイのカメラ機能の調子がおかしくなったので修理に出したんですよ。大抵私がauショップに行くと無いことが多いのですが今日は店頭にIFIFが!
あのクリアファイルに入っているアレです。
ま、主に広告なんだけどちょっとしたコラムとか洒落たカレンダーが入ってて、更にオマケがついているのです。
今月9月のオマケは…
ifif.jpg
文豪しおり!!
夏目漱石、マーク・トウェイン、シェイクスピア、トルストイ、芥川龍之介のしおりだっ 
しかししおりとしてはデカイ…。
でも紙もの好きにはかなりぐっとくるオマケっす。あー毎回手に入れられなかったのが悔やまれるわ。やっぱり。
今度からはショップに用が無くても入って貰ってこよう。新機種チェックのフリして。

ジャケ買い

母が腰が神経痛で痛いから貼る温湿布を買ってきて欲しいと言うのでジャスコへ立ち寄る。
いろいろある中何にしようか~と見ていると一際目に入ってくる箱が。。。

「ロイヒつぼ膏」

レトロな外人のおっさんの顔…「ロイヒ」ってこのおっさんの名前か?
名前の響きからドイツ人かしら?…ドイツ人とつぼ…なんだかとても気になるわ。買うしかないわっ
念の為一緒にサ○ンパス30も買っておく。
20070303213756.jpg

中身はいたって普通のつぼ用の小さいタイプの膏薬。
ふーんニチバンが作ってるんだ。

またへんなもの買ってきてといった顔をして母が腰に張り始めた。
膏薬をフィルムからぺリリとはがすとそのフィルムには!ロイヒの顔!
いやーん!何これ!キュートやんかーっ

調べてみたらロイヒっつーおじさんは全くもって作られた想像の人なんですって。何だー。
でもこういうの嫌いじゃないわ。
膏薬もなんか効きそうな感じがするし。

母は貼ってしばらくすると「かゆい」と言ってさっさと剥がしてましたが…

映画チラシ収集

私の紙ものコレクションの中でも結構な量を占めてるのが映画チラシです。
改めて数えてみたら(どんだけ暇なんだ…)2160枚ありました。
多いのかな? そーでもないか。大体近年のものばかりだし。よく分かりませんが。
ところでこの映画チラシって書店でやってる映画フェアなどではパンフレットと一緒に一枚100円とかで売られてますよね。ならばタダのうちに貰うべし。

私は特に映画マニアではないので、このうち観たことある映画はほんの数作品しかありません。あくまで紙ものマニアって言う見地で紙ものの一つとして映画チラシを集めてる感じです。とにかく手当たり次第集めてるんで。
今映画館行くとかなりの種類のチラシがありますよね。
私がよく狩場にしている恵○寿○ー○○シ○マはなかなかの品揃え。
チラシを収穫だけして帰ることはしょっちゅうです。あ、あと○ネク○ントも狩りやすいですね。

今のところ2千枚以上もあるチラシの整理法は、欧米映画、アジア・中東・南米映画、邦画、B5サイズ以下に分けて祖母が商売の経理処理に使っていた古ーい引き出しに仕舞ってます。
でももうパンパン。まだまだ増えるであろうチラシコレクション。これからどうしよう…

↓ちなみに内訳は欧米890枚。アジア・中東・南米251枚。邦画609枚。
20070114153058.jpg
↓B5サイズ以下410枚。
20070114153135.jpg

集めてて嬉しくなるのは好みのチラシに出会ったとき。
主に昔の邦画のリバイバル上映の時のチラシなんですが、昔の画像を今っぽいデザイン構成をしているものにぐっとくるのです。あと基本和服の人物が配されてるのが好み。モノクロに赤って組み合わせもたまらんです。
20070114160644.jpg
日活とか大映とか! 雷蔵にしびれるぅ!
20070114160703.jpg
岸田今日子、岸恵子、若尾文子、加賀まり子、梶芽衣子… 往年の大女優たちの若かりし頃!すごいカッコイイよー!
このチラシがきっかけで観た映画もありました。
雷蔵主演の眠狂四郎に出ていた中村玉緒は、今現在のグヘヘと笑う関西のおばはんなどではなく、楚々とした可憐な演技で非常に萌えーでした。
あとお気に入りなのが鈴木清順もの。20070114160722.jpg
『オペレッタ狸御殿』を持ってなかったことに気付く。

最近気になってるのがこのシリーズ。
ラピュタ阿佐ヶ谷でやってる「昭和の銀幕に輝くヒロイン」シリーズ!
20070114160739.jpg
今のところ32弾まで上映してるそうですが、私が持ってるチラシはそのうちの数回のものだけ。 グハ!他の回のチラシも欲しいっ見てみたいっ 
倍賞千恵子可愛すぎ!

印刷解体

ちょっと前の話になるが、渋谷パルコのLOGOSギャラリーで「印刷解体 vol.2」と言うイベントをやっていました。
あ、vol.3やってたんだ…。やるの早くない?
と言う事で今後も定期的にやりそう。

古書日月堂と言う古書店が主催でその時は2回目。
このイベントでは古本を通して活版印刷に注目し、この技術を支えてきた物やこれによって生まれた印刷物のデッドストックの数々を展示販売していて、紙もの好きにはヨダレもんの催しなのである~。
ちょっと昔の印刷といったらこの活版が当たり前でしたよね。

会場には古い紙もの(企業チラシ、広告、絵葉書、ラベル、カタログ、演劇目録、雑誌、熨斗紙…とにかくあらゆる紙!)がワゴンにいっぱい。
その他に目を引くのは細かく仕切られた棚に入った活字の数々!
 
活字のばら売り有り。 思わず自分の名前で揃えちゃいたくなる~!
お客さんは皆黙々とピンセット片手に活字に見入ってます。
この活字棚が実際活版印刷所で現在も使われている棚だそうで、かなり良い味出てます。現役!
その他にも木版の版下、ゴム製の版下とか印刷年鑑やタイポグラフィー集、紙のデッドストック、紙見本帖など素人には用途がサッパリ解らないプロの活版印刷グッズもありました。解んないけどなんか欲しくなる~(やめれ)

前回の時に活字は購入したので今回は紙ものワゴンのチェックに従事。あぁぁワクワク。。
基本的に私の紙もの収集の対象は、今時のその辺にタダで置いてあるチラシ類なのですが、こういう催しでいいのがあれば買います。500円以内の物に限ります。だってもともとタダのものだからあんまり高い紙だとバカバカしいんで。
でも安いのだからとあんまり何枚も買うと結局そこそこいってしまうので注意です。


↓以下戦利品です♪
20061024011821.jpg
いきなり「ウヅラ」発見。
ラベルなんですが、何でウヅラ… 今スーパーで売られてるようなウズラの卵パック的な商品のラベルでしょうか。
なんにせよウヅラが可愛いさー。動物モチーフに弱い。

20061024012409.jpg
20061024012432.jpg
20061024012441.jpg
お次はこの封筒。
ふた部分にペプシコーラを持った女性のイラスト。
お、ペプシの企業ものグッズかと思いきや、裏には「グレイハウンド」と言う名前のバス会社?かな?
ふたをめくると観光や個人旅行、レンタカーも承るよ的な事が書いてある模様。
もしかしたら、バスチケットなどを入れてお客に渡したりするのに使ってたのかな。それにペプシの広告を印刷してー… 憶測ですがね。

これはフルーツジュースでお馴染みのDoleの企業パンフレット。
手のひらサイズが可愛くて表紙のイラストもイカすぅ。イカしてるぅ~。
20061024013427.jpg
20061024013439.jpg
↑裏表紙
20061024013454.jpg
表紙を開くと社員と思われる女性たちが。日本人…?ハワイの会社だから移民の日本人が結構関わっていても不思議じゃないですよね。漂う時代背景をいろいろ考えるのも面白い。
よくみると表紙とおそろの服着てる!パイナップルポケット!!
20061024013504.jpg
工場内作業風景。パイナップル缶製造中。
やはり日本の人々が数多く勤務していたようですね~。

最後にタブロイド大の少女向け新聞。
カラフルで結構美品だったので買ってみました。
数作のコミックが連載されており、クリスマス時期の発行だったようでツリーとかサンタとか描かれてました。内容はよく分からんです。
んー絵柄がいかにもアメリカン!
20061024014821.jpg
20061024014832.jpg
↓お肌の手入れやメイク&マンガでクッキングのページで乙女心をわしづかみっ
特集内容はいつの時代も一緒ですね。
20061024014841.jpg


今回はこのくらいにしておきました。
欲しいのはもっとあったけどどつぼにハマっていくので…。
あぁこんなの集めてどうすんだ。でも好きなんだ。わかってくれとは言わないさ。

あんまり洋物には関心が無いつもりだったんだけど、今回は洋物でも素敵な紙が沢山あって目移りしちゃった。
今度日月堂のお店にも行ってみようっと。


あ、紙ものついでに。
只今現代美術館で開催中(12月24日迄)の大竹伸朗展覧会「全景1955-2006」観に行きたい!
この人のスクラップブックはヤバイ。凄い。ゴイス。

大竹氏曰く「芸術家だったら毎日制作しろ!」(J-WAVEインタビューで言ってた。)
ギャフン。ごもっとも~。
雑誌アイデア319号は買うしかない。マストバイですばい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。